2019年02月06日

鎌倉へ社員旅行(投稿者:永島 昭子)

年2回の社員旅行を実現させるため、去年から
「鎌倉がいいね!」という話になっていたものの
なかなか予定をねじ込めずにいました。
が!やっと旅行が実現できました〜!

今回は鎌倉の神社やお寺、史跡を巡る町散歩と
江ノ電を満喫するほっこりした旅になりました♪


JR線から江ノ電に乗り換えます。
k01.jpg
ブログ投稿者の永島は、電車の先頭から
左右に景色をかきわけてゴーするのがとても好きなので、
「ちょっと先頭車両に行って来るね」と伝えて途中から1両目へ移動。
江ノ電の先頭は最高に楽しく心のテンションは↑↑↑でした!
帰りはみんなで1両目に乗っています(笑)
団体行動を乱してすみませんでした><
先に先頭の楽しさを誰かに説いて
道連れにすればよかったなと、後悔しています。


旅館に着いて荷物を預けたら、外に昼食へ!
江ノ電から素敵な外観が見えて素敵だな〜と
思っていたお店でびっくり。
今回の旅行企画担当の時任さん、グッジョブです!
k02.jpg k03.jpg
鎌倉と言えばシラス。シラス海鮮丼、大変美味しかったです!
そしてレインボーマラサダというドーナツのようなお菓子。
手のひらサイズです。色がすごい。
味はどうなのか不安な見た目だったのですが
ふんわりもちっとしていてすごく美味しかったです。
マラサダというのはポルトガルのお菓子だそうで、
ハワイに伝わりハワイのスイーツとして
広く知られるようになったようです。
この後も鎌倉を散策していると「レインボー○○」を
よく見かけたんですが、このマラサダにホイホイされて
満足したので他には手を出しませんでした!


江ノ電の長谷駅と極楽寺駅の中間地点にある、御霊神社へ。
鳥居の前を江ノ電が横切る風景が有名で、紫陽花の咲く季節は
多くの人が素敵な写真を撮るために訪れるそうです。
木が大きくてかっこいい枝ぶり!
タブノキといって“かながわの名木100選”に選ばれているそうです。
k04.jpg k05.jpg
歴史や神社にくわしいスタッフ大和田さんに講座を受けながら
見る神社はとても興味深かったです。そしてご朱印を貰っていたので
見せてもらうととても上手な字で…というとご朱印なのだから
当たり前かなあという気がしますが、力強く緩急があり
とても魅力ある筆字だったのでした。
ほかの神社のご朱印も見せてもらいましたが、判子も文字も
神社ごとにあっさり、こってりなど様々でした。
なるほど。ご朱印はこんなに様々で面白いのか…!
今やっと、私はご朱印帳を買おうか考えています(笑)

k06.jpg
神社の桜が咲き始めていました。


お次は長谷寺です!
十一面観音菩薩像を安置する観音堂や、
こちらも季節になると紫陽花が群生する眺望散策路、
ショップやカフェなどがあり観光客に人気の施設です。
この日も平日でしたが、多くの方が訪れていました。
k07.jpg k08.jpg
左の写真は、かながわの名木100…ではないけれど
長谷寺山門前にあるコブだらけのタブノキ。
どうしてこうなったんでしょう?すごい迫力です。
右は同じく長谷寺内の何でもない木。しかしこの木、
俯瞰で撮ったわけじゃないんです。アイレベルは写真の下の方。
土の壁に根っこがむき出しでくっついてるんです。
うーん騙し絵のようで不思議だ…。

k09.jpg
展望散策路からの眺めは素晴らしかったです!
14時頃で日差しが暖かく、空が表情豊かでとても気持ち良かったです。

k10.jpg
蝋梅ってなんでこんなに良い香りなんでしょう!
クンカクンカ。


やってきました鎌倉大仏高徳院!
与謝野晶子が鎌倉大仏をイケメンさんだと詠った歌碑もあります。
k11.jpg
青空にくっきりと映えるその御姿。
社員旅行以前にも何度か訪れたことはありましたが、
初めて胎内に入りました!外見はとても大きく感じるのですが
中に入ると、あれ?不思議とコンパクトに感じられます。
沢山のパーツを組み合わせてできたことが内側からだと
はっきりとわかります。人って器用だなあ…。
体内を見たい人でごった返しておりましたが、
貴重な体験ができました。
リスにも会えて嬉しかったです!


さて、暗くなる前に宿に戻って休憩したら、夕食です。
k12.jpg
日本酒の飲み比べを注文する人もいました^^
ほんの少しずつかと思ったら結構量がありました〜。

k13.jpg
コース料理で、目と舌の保養になりました♪
写真の鍋は女性に嬉しいコラーゲンボール入り。(人参の右隣)


旅行の夜は1つの部屋に集まって
みんなでゲームするのがルナの定番です!
今回は人狼でもベストフレンドゲームでも
ゴキブ○ポーカーでもなく(過去の旅行のブログを見てね!)
「エセ芸術家ニューヨークへ行く」というゲーム。
専用のミニホワイトボードとカラーペンを各自が持ち、
出題者になる人はお題を決めたら、一枚を除いて
全てのボードにお題を書き配ります。
お題が書かれていないボードを受け取った人は、エセ芸術家。
みんなで1枚の紙に、自分のカラーペンでひと筆だけ
描いては回しお題に沿った絵を協力して作っていきます。
(気になる人はゲームをググってね!)
エセ芸術家はお題を知らないけれど、知ってる体裁で
何かを描かなくてはならないわけです。知っている多数の人は、
自分がエセと疑われないように、
でもエセの人にわかりにくいようにひと筆を描きます。
やってることはシンプルだけど、結構頭を使うのと
暗号めいた線の集合体の絵が出来上がるので
すごく面白かったです!
ルナのスタッフはアニメーターなので絵が得意な人ばかりですが、
1人で直球でお題の絵をひと筆で描こうとしなければ
普段絵を描かない人と同じくらい楽しめますよ!
直球でお題の絵を描いてエセ芸術家を惑わせる人もいましたが(笑)


ずいぶん長い記事になりましたが、1日目はこれにて!
2日目の更新をお待ちくださいね〜。
posted by スタジオ・ルナ at 00:00| 日記

2019年01月18日

労い会(投稿者:永島 昭子)

ホットプレートを使ったメニューを
調べていたところ、冬にピッタリなメニューを発見。

その名も超メジャーな・・・グ ラ タ ン !

ホットプレートで作るという発想が無かったです。
一度に大量に作れてお腹にたまるグラタンなら
みんな満足だろう!と思い、迷わず決定^^

ng_01_01.jpg
たっぷりのバターで玉ねぎ、シメジを炒め・・・
(ブロッコリー、マカロニ、たまごも茹でつつ)

ng_01_02.jpg

ng_01_03.jpg

炒めたところに小麦粉を混ぜ、牛乳を少しずつ入れてとろみを出したら
マカロニ、ブロッコリーもまぜまぜ。
最後にプチトマト、小さく切ってチンした切り餅、
シュレッドチーズをこれでもかと振りかけて
チーズがトロッと溶けたら出来上がり!

ng_01_04.jpg
こんなに沢山のグラタンが2プレート分!
大量に作るのは豪快で楽しかったです!
フランスパンにつけて全部おいしく頂きました♪

ng_01_05.jpg
ここたまたちも、グラタンの海にびっくり。
ちゃこはダイブして食べながら前進しそうですね〜(笑)
posted by スタジオ・ルナ at 00:00| 日記

2019年01月07日

クリスマス会→大掃除→忘年会(投稿者:永島 昭子)

昨年末のことになりますが・・・・

25日は、15時より1時間ほどクリスマス会で盛り上がっておりました!
どんなケーキにするか、どこで買うかを考えたら
3人で分担してあちこちで予約し、当日受け取ったクリスマスケーキを
スタッフみんなで美味しく頂きました♪

c01.jpg
ルナにスコープもやってきました!

c02.JPG

今年はブッシュドノエルやホールケーキの他に
プチケーキセット用意!最後に公平にじゃんけんで
好きなものをとっていきました。これがまた盛り上がること!
普段見ない感じの綺麗な色のものが最後に残るのは、
なんというか大人の日本人らしいですね(笑)



ルナは毎年、仕事納めの次の日に大掃除と忘年会をおこなっています。
朝から全員で協力して、会社の隅々までピカピカにして
気持ち良く新年を迎える準備です。
会社での行事としては、最後の出社日が1番活気があって
賑やかになる日なのです。各自掃除の持ち場があり、
忙しいですがみんなで掃除をするのは清々しく楽しい時間です。
大掃除の計画を立てて下さったスタッフ稲葉さんのおかげで
全員がテキパキと行動できました!ありがとうございます!
今回はより良い環境作りのために机の配置換えも兼ねましたが、
予定通りに無事終わらせる事ができました。
忘年会はお店の2階を貸し切り、快適に食事とお喋りを楽しめました。
今年の総括と来年の抱負で心を引き締めることもでき、
とても良い忘年会になりました。

その後、予定していたルナの恒例イベント
「要らない物交換会」という名のビンゴ大会です!

c03.jpg
沢山の景品たち(出品者にとっては要らない物)

しかしビンゴを進めていき開封して見れば、なかなかの良い品も!
お菓子をOKにしているので、素敵なお菓子セットを選んだ人は
とっても羨ましがられていました。
アニメスタッフらしいグッズ、面白ネタアイテム、使える消耗品など
様々な景品で楽しいビンゴ大会でした!
あとは各自の時間が許すかぎりでゲーム大会です。
来年もこうして楽しく過ごせるといいなあ・・・と思いました^^
posted by スタジオ・ルナ at 00:00| 日記

2019年01月05日

2019年、新年のご挨拶(かしやまとしゆき)

新年あけましておめでとうございます。
 
株式会社スタジオ・ルナも皆様のおかげさまをもちまして、無事に新年を迎えることができました。
これを機に社員一同一層気を引き締めて、皆様のご愛顧にお応え出来るよう努力致して参ります。

昨年、2018年は「増強」の年でした。
2016年から制作協力として参加させて頂いております「かみさまみならい ヒミツのここたま」が終了し、新シリーズ「キラキラハッピー☆ ひらけ!ここたま」が2018年9月から始まり、引き続き当社の主力作品として参加せて頂いております。
より一層楽しい作品に生まれ変わり、ルナスタッフ一同も全力で取り組んでおります。
その他たくさんのお仕事をさせて頂きました。
いろいろな方々のお力をお借りして、2018年の制作業務は無事終えることが出来ました。
ひとえに皆様方のご指導、ご鞭撻の賜であると感謝しております。
ありがとうございます。

また、スタジオ・ルナのスタッフ一同もよく頑張ってくれました。
作画監督の永島昭子は2018年も主力制作作品である「かみさまみならい ヒミツのここたま」、「キラキラハッピー☆ ひらけ!ここたま」と、安定して作画監督を担当してくれました。
演出の大和田淳は「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」で副監督を担当しました。また、「映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS」では演出を担当しています。
今後、さらなる活躍を期待しています。

2018年もプレイングマネージャーシステムが機能する一年でした。
プレイングマネージャーも、すでに担当できるアニメーターが多数存在し、バックアップも万全な状態に成長しました。
また2017年にプレイングマネージャーとしてデビューした稲葉ミキは、今後制作担当として後進のプレイングマネージャーの統括を担当するまでに成長しました。
プレイングマネージャーでの経験を活かし、演出補佐としても実績を残しています。
2019年中には演出家としての活躍を期待しています。
また、2017年から運用されているプレイングマネージャーシステムの内勤と外回りも完全に機能しており、制作業務のワークシェアは新たな境地に達しています。
スタジオ・ルナの独創性あふれるこのシステムはすでに盤石なものになっています。

原画スタッフのみなさんも、2018年も大いに成長できました。
中堅のアニメーターも成長し、作画監督補佐や演出補佐として実務に参加できるようになりました。
研修生も新人も少しづつですが、確かな成長があり、頼りになる仲間が増えてきています。

私事ですが、2018年も絵コンテ、演出を頑張りました。
2019年は絵コンテ、演出を後輩に任せ、後進の育成やアニメ事業の開拓に力を入れられるかもしれません。
2018年はスタジオ・ルナでの研修内容を漫画として制作するなど、自社制作物を作ることができました。
2019年は更に自分たちのコンテンツを作って行けるように頑張りたいと思っています。

昨年、2018年の目標である「増強」は十分に達成できたと考えております。
さて、2019年の目標ですが「底上げ」としたいと思います。

2018年は中堅の成長がめざましく、頼りになる存在へと成長してくれました。。
2019年は主力のベテランと中堅のスタッフを中心として、専門スタッフへの自覚を促すことに力を入れたいと思います。
誰かに頼っていればなんとかなるといった考えを脱し、一人ひとりが主役としての挑戦をしなくては更なる飛躍はありません。

スタジオ・ルナは本年もスタッフ一丸となり、社会に貢献出来る会社として努力して行く所存です。

どうぞ本年もよろしくお願い致します。

株式会社スタジオ・ルナ 代表取締役 かしやまとしゆき
posted by スタジオ・ルナ at 00:00| 日記

2019年01月04日

明けましておめでとうございます(投稿者:永島 昭子)

いつもスタジオ・ルナのブログをご覧頂きありがとうございます。
2019年もルナの活動を皆様に逐一お知らせしてまいりますので、
どうぞよろしくお願いいたします!

ny01.jpg
posted by スタジオ・ルナ at 00:00| 日記

2018年01月05日

2018年、新年のご挨拶(かしやまとしゆき)

新年あけましておめでとうございます。
 
株式会社スタジオ・ルナも皆様のおかげさまをもちまして、無事に新年を迎えることができました。
これを機に社員一同一層気を引き締めて、皆様のご愛顧にお応え出来るよう努力致して参ります。

昨年、2017年は「強化」の年でした。
2016年5月から制作協力として参加させて頂いております「かみさまみならい ヒミツのここたま」では、2017年も引き続き当社の主力作品として参加せて頂きました。
ハートフルコメディなこの作品では、ルナスタッフ一同が楽しくお仕事をさせて頂きました。
その他たくさんのお仕事をさせて頂きました。
いろいろな方々のお力をお借りして、2017年の制作業務は無事終えることが出来ました。
ひとえに皆様方のご指導、ご鞭撻の賜であると感謝しております。
ありがとうございます。

また、スタジオ・ルナのスタッフ一同もよく頑張ってくれました。
作画監督の西村昭子は2017年の主力制作作品である「かみさまみならい ヒミツのここたま」では、毎話数作画監督として活躍しています。
演出の大和田淳は「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」の演出、「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」の演出を担当しました。

2017年もプレイングマネージャーシステムが機能する一年でした。
スタジオ・ルナには専業の制作進行はいません。
アニメーターが原画スタッフとして業務をこなしつつ、制作業務を行います。
2017年にプレイングマネージャーとしてデビューしたのは稲葉ミキです。
アニメーターとして活躍しつつマネジメント力を身につけることができた一年になりました。
プレイングマネージャーでの経験を活かし、演出補佐としても活躍しました。
今後、演出家としての成長を期待されています。
2017年から運用されているプレイングマネージャーシステムの内勤と外回りは、以前にも増して制作業務のワークシェアを可能にしました。
いろいろな挑戦が良い結果となって現れ、チームとしての成長を実感しています。

原画スタッフのみなさんも、2017年も大いに成長できました。
「かみさまみならい ヒミツのここたま」では、シリーズ作品という長所を生かして、アクションやタイミング、表現の仕方のトライ&エラーを行うことで、よりよい作品作りを追求できました。
真剣に作品と向き合って誠心誠意、クリエイターとして職人として頑張りました。

私事ですが、「かみさまみならい ヒミツのここたま」で演出復帰をし、2017年も絵コンテ、演出を頑張りました。
2017年も後進の育成に力を入れました。
後輩の方々には力を秘めた人も多く、演出家や作画監督に適した人が成長し、そろそろ重点指導がはじまっている人もいます。
1年後が楽しみです。
自主制作アニメの方は仕事が忙しすぎて全く進まなかったので、少しでも進めてゆきたいと思っています。

さて、2018年の目標ですが「増強」としたいと思います。

2017年は安定した制作受注が出来、人材育成も順調でした。
2018年は成長したスタッフと共に、新しく仲間になってくれたスタッフのみなさんとも力を合わせて行きたいと思います。

スタジオ・ルナは本年もスタッフ一丸となり、社会に貢献出来る会社として努力して行く所存です。

どうぞ本年もよろしくお願い致します。

株式会社スタジオ・ルナ 代表取締役 かしやまとしゆき
posted by スタジオ・ルナ at 00:00| 日記

2017年01月23日

スタジオ・ルナ10周年記念(投稿者:西村昭子)

前回のブログで書きましたルナの創立10周年記念パーティーは、
多忙のため忘年会と合同で開かれたわけなのですが…。

このパーティーのために、密かに用意していたある物とは!


pn01.jpg

ジャーン!!!

社章です!!


デザインはロゴマークを少々アレンジして作成いたしました。
スタジオのお馴染みである月の形が、キラキラと素敵な仕上がりです♪
社章があるアニメーション製作スタジオというのも
ちょっと珍しいのではないでしょうか?

この社章は、入社後、研修期間を終えて仕事を請け負うようになった
スタッフに貸与される物です。
これからは社章を受け取った時から明確にルナスタッフとなれますので、
新人さんは社章を受け取る日を楽しみに
頑張って頂けたらいいなあと思います^^
持っている皆さんはくれぐれもウッカリ失くしたりしませぬよう
お願いします(笑)

向上心を持って様々な取り組みを続けるルナですが、
今度は社歌つくっちゃう!?なんて話半分に話しています。
ルナは本当に作っちゃうかもしれませんよ・・・!
posted by スタジオ・ルナ at 00:00| 日記

2017年01月03日

2017年、新年のご挨拶(かしやまとしゆき)

新年あけましておめでとうございます。
 
株式会社スタジオ・ルナも皆様のおかげさまをもちまして、無事に新年を迎えることができました。
これを機に社員一同一層気を引き締めて、皆様のご愛顧にお応え出来るよう努力致して参ります。

昨年、2016年は「再始動」の年でした。
2014年まで6年間続いていた主力制作作品「たまごっち!」シリーズの制作協力が終了し、2015年は作画協力などで「ドラえもん」などに参加させて頂いていました。
2016年は制作会社として再始動できるように、制作受注の作品に参加できるよう営業に力を入れました。
2016年は年始から劇場ポケモン「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ」に制作協力として参加させて頂きました。
(詳しくはこちらへ 『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ』大人気公開中!(かしやまとしゆき))
5月からは「かみさまみならい ヒミツのここたま」に制作協力として参加させて頂いています。
2016年は制作会社として順調に再始動できた一年でした。
また劇場作品「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」では演出、TVシリーズ「ポケットモンスター XY&Z」では演出、「忍たま乱太郎」では原画など、その他たくさんのお仕事をさせて頂きました。
いろいろな方々のお力をお借りして、2016年の制作業務は無事終えることが出来ました。
スタジオ・ルナとしてはこれ以上ない成功を収めることが出来ましたのも、ひとえに皆様方のご指導、ご鞭撻の賜であると感謝しております。
ありがとうございます。

また、スタジオ・ルナのスタッフ一同もよく頑張ってくれました。
作画監督の西村昭子は「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ」の作画監督として、とても大変な仕事をやりきってくれました。
2016年の主力制作作品である「かみさまみならい ヒミツのここたま」では、毎話数作画監督として活躍しています。
演出の大和田淳は「ポケットモンスターXY&Z」の演出、「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ」の絵コンテ・演出を担当しました。
「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ」では演出を大和田、作画監督を西村、原画をルナスタッフ、制作を樫山と石川、制作のサポートを石井と田中が頑張りました。
スタジオ・ルナのスタッフ全員がチーム一丸となって作品を完成させました。

2016年はプレイングマネージャーシステムが機能する一年でした。
スタジオ・ルナには専業の制作進行はいません。
アニメーターが原画スタッフとして業務をこなしつつ、制作業務を行います。
2016年にプレイングマネージャーとしてデビューしたのは石井、田中です。
アニメーターや演出家として既に活躍している両名ですが、マネージャー業務はこれがはじめてで、いろいろと苦労はありましたが、マネジメント力を身につけることができた一年になりました。
2017年はプレイングマネージャーシステムに新たに内勤と外回りを設け、よりたくさんのスタッフが制作業務に関わることができるようにして行きます。
マルチタスクは大変ですが、彼らの活躍のおかげでスタッフ一同は最適な作業環境を維持できています。

原画スタッフのみなさんも、2016年は大いに成長できました。
「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ」では、劇場作品のハイクオリティな作画に挑戦し、非常に苦労はしましたが、やり遂げることができました。
「かみさまみならい ヒミツのここたま」では、シリーズ作品という長所を生かして、アクションやタイミング、表現の仕方のトライ&エラーを行うことで、よりよい作品作りを追求できました。
どの作品も簡単なものなどはありませんでした。
真剣に作品と向き合って誠心誠意、クリエイターとして職人として頑張りました。

私事ですが、「かみさまみならい ヒミツのここたま」で6年ぶりに演出復帰をしました。
後進の育成に力を入れているので、絵コンテや演出の仕事を指導して、後輩の方々に仕事を振っていたので、気がつくと長い間演出の仕事をしていなかったようです。
後輩の方々には力を秘めた人も多く、相応の実力に育ったらまた仕事を振ろうと思っています。
自主制作アニメの方は仕事が忙しすぎてなかなか作業を進めることができませんでしたが、PVアニメーションのカットが数カット出来ました。
2016年は少しでもアニメとして動かしたいと考えていたので、少しは実現できた形です。
2017年も仕事は大忙しですが、自主制作を少しでも進めたいと思います。

さて、2017年の目標ですが「強化」としたいと思います。

2016年は制作受注も再始動し、人材育成も順調、新人さんも増えました。
2017年は2016年で成長した部分をより強化し、更なる発展に向けて準備をしたいと思います。
仕事はたくさんあります。
後は、仕事をこなして実力を身につけるのみです。

スタジオ・ルナは本年もスタッフ一丸となり、社会に貢献出来る会社として努力して行く所存です。

どうぞ本年もよろしくお願い致します。

株式会社スタジオ・ルナ 代表取締役 かしやまとしゆき
posted by スタジオ・ルナ at 00:00| 日記

2016年01月26日

リニューアル!(投稿者:西村 昭子)

初めましての方もそうでない方もコンニチハ。
当社ブログをご覧下さってどうもありがとうございます!

スタジオ・ルナは今年の8月10日をもって創立10周年を迎えます。
それを記念する意味で、このたび
社のロゴマークをリニューアルいたしました!

lunalogo.gif

作成は、恐縮ながらわたくし西村です。
学生の頃、イラストレーターソフトを習ったおかげで
役立たせることができてとても嬉しく思います^^

ルナお馴染みの三日月マークは健在に、
キッズアニメーション製作を強みとする弊社の特徴を
文字の形に現れるよう作ってみました。
色やバランスで大変悩みましたが、
代表取締役の樫山と検討の末、無事フィニッシュさせることができました。
旧ロゴもそうですが、コバルトブルーと月の組み合わせが、
なにかホッとする感じです♪

新しいマークと共に、
これからもアニメーションスタジオ・ルナは邁進してゆきます!
posted by スタジオ・ルナ at 00:00| 日記

2016年01月03日

2016年、新年のご挨拶(かしやまとしゆき)

新年あけましておめでとうございます。
 
株式会社スタジオ・ルナも皆様のおかげさまをもちまして、無事に新年を迎えることができました。
これを機に社員一同一層気を引き締めて、皆様のご愛顧にお応え出来るよう努力致して参ります。

昨年、2015年は「楽しもう!」の年でした。
6年間続いていた主力制作作品「たまごっち!」シリーズの制作が2014年で終了し、2015年は新たな作品へ挑戦する年になりました。
一年を通して力を注いだのは「ドラえもん」でした。
日本を代表するこの作品に本腰を入れて参加させて頂けたことは2015年の最も大きな成果であったと思います。
絵コンテ・演出・作画監督・原画を作画協力として担当させて頂きました。
スタジオ・ルナらしい良い作品が出来ました。
全てはみなさまのご努力の賜物と、とても感謝しております。
またTVシリーズ「ピカイア!」では演出、「忍たま乱太郎」では原画、「新あたしンち」では作画監督・原画、「はなかっぱ」では絵コンテ・演出・作画監督・原画などの作画協力をさせて頂きました。
劇場作品「ポケモン・ザ・ムービーXY 光輪の超魔神 フーパ」では絵コンテ・演出・作画監督、短編映画「ピカチュウとポケモンおんがくたい」では原画を担当させて頂きました。
その他、たくさんのお仕事をさせて頂きました。
いろいろな方々のお力をお借りして、2014年の制作業務は無事終えることが出来ました。
スタジオ・ルナとしてはこれ以上ない成功を収めることが出来ましたのも、ひとえに皆様方のご指導、ご鞭撻の賜であると感謝しております。
ありがとうございます。

また、スタジオ・ルナのスタッフ一同もよく頑張ってくれました。
作画監督の西村昭子は「ドラえもん」の作画監督を一年間努め、「ポケモン・ザ・ムービーXY 光輪の超魔神 フーパ」「新あたしンち」の作画監督も努めました。
また「ドラえもん」「はなかっぱ」では絵コンテを担当し、高い評価をいただくことが出来ました。
演出の石井希美は「ドラえもん」「はなかっぱ」の演出を担当しました。
演出の大和田淳は「ピカイア!」「ポケットモンスターXY&Z」の演出、「ポケモン・ザ・ムービーXY 光輪の超魔神 フーパ」の絵コンテ・演出を担当しました。
作画監督の加藤健二は「はなかっぱ」の作画監督を努めました。
「ポケモン・ザ・ムービーXY 光輪の超魔神 フーパ」では演出の大和田と作画監督の西村が、
「ドラえもん」では演出の石井と作画監督の西村が、
「はなかっぱ」では演出の石井と作画監督の加藤がそれぞれタッグを組み、
スタジオ・ルナのスタッフ全員がチーム一丸となって作品を完成させました。

石川奨士は制作担当として2015年も頑張ってくれました。
スタジオ・ルナには専業の制作進行はいません。
石川は原画スタッフとして業務をこなしつつ、制作担当としての管理業務も担当してくれています。
マルチタスクは大変ですが、彼の活躍のおかげでスタッフ一同は最適な作業環境を維持できています。

原画スタッフのみなさんも、2015年は大いに成長できました。
「ドラえもん」をはじめとして、いろいろな作品に挑戦することが出来ました。
どの作品も簡単なものなどはありませんでした。
真剣に作品と向き合って誠心誠意、クリエイターとして職人として頑張りました。

私事ですが、2015年は自主制作アニメ制作を開始した年でした。
アニメ業界を目指す動機となった夢を実現させるために挑戦です。
「楽しもう!」と頑張りましたが、辛いことの方が多かったかもしれません。
自主制作アニメも2015年内には作ることが出来ず、その前段階の原作マンガと絵本を作るにとどまりました。
思ったよりも進捗状況が良くなく、めげることもありましたが、一歩踏み出すことは出来たのでそれを評価したいと思っています。
2016年は尺が短くてもアニメは作ってゆくつもりです。

さて、2016年の目標ですが「再始動」としたいと思います。

2015年は残念ながら制作受注を行うことが出来ませんでした。
2016年はすでに制作受注が決まっています。
年明け早々、スタジオ・ルナは山場を迎えます。
その山場を見事乗り越えて、続けざまに制作受注として責任ある立場で作品制作に関わってゆきたいと考えています。

スタジオ・ルナは本年もスタッフ一丸となり、社会に貢献出来る会社として努力して行く所存です。

どうぞ本年もよろしくお願い致します。

株式会社スタジオ・ルナ 代表取締役 かしやまとしゆき
posted by スタジオ・ルナ at 00:00| 日記